AUTODESKのAppStoreでインストールするべきコマンド5選

AutoCAD

この記事では作図を早くするためにAUTODESKのAppStoreでインストールするべきコマンドをご紹介します。

AutoCADには始めから様々なコマンドがあります。それだけでも充分作図はできるのですが、さらなるスピードアップとストレスの軽減を求めていくとAppStoreのコマンドも使う方が絶対にいいです。

もちろんStoreという名前なので有料のものもありますが、無料で使えるものもたくさんあります。

今回はその無料でかつ役に立つコマンドをご紹介します。

AppStoreの利用方法はコチラ

使えるコマンド一覧

それでは使えるコマンドがどういうものか、1つずつ具体的にご紹介していきます。

寸法分割

アプリ名:DimensionSet

コマンド名:Add new point

URL:DimensionSet | AutoCAD | Autodesk App Store

機能:

  • 寸法セットに新しい点を挿入する
  • 寸法セット内のポイントの削除
  • 寸法セットのベースラインの移動
  • 寸法セットの延長線の長さの修正
  • ポイントでの延長線とシンボルのプロパティの変更
  • 寸法セットの選択

DimensionSet | AutoCAD | Autodesk App Storeより引用

トシザキ
トシザキ

寸法を分割するのはTRIM(トリム)コマンドで1回ずつコマンド入力して分割する必要がありますが、このコマンドは1回コマンドを起動させると連続で分割していく事ができます。

 

リンク先が英語表記の場合

お使いのブラウザが「Google Chrome」や「Microsoft Edge」の場合は英語表記の所で右クリックすると下の画像のようなウィンドウが出てくるので「日本語に翻訳」をクリックすれば、日本語に翻訳できます。

画面最大化

こちらのコマンドはマルチディスプレイの時に効果が最も発揮されますが、ディスプレイが1つだけでも機能します。

アプリ名:Maximize Application

コマンド名:Maximize AutoCAD

URL:Maximize Application | AutoCAD | Autodesk App Store

機能:リボン ボタンを使用して、アプリケーションが使用可能なすべての画面に表示されるようにします。モニターが 1 つしかない場合は、その画面に最大化されます。
Maximize Application | AutoCAD | Autodesk App Storeより引用

次の画面分割はこの画面最大化アプリと同じアプリ内に入っているコマンドです。

画面分割

アイコン画像は「画面最大化」コマンドと同じです

 

 

 

 


画面最大化アプリに入っているコマンドです。
こちらのコマンドもマルチディスプレイの時に最も効果があります。
そもそもディスプレイが1つの場合はビューポート分割されず機能しません。

アプリ名:Maximize Application

コマンド名:Split At Screen

URL:Maximize Application | AutoCAD | Autodesk App Store

機能:モデル空間をビューポートに分割し、その端を物理モニターの端に揃えます。
Maximize Application | AutoCAD | Autodesk App Storeより引用

トシザキ
トシザキ

マルチディスプレイを使用している時にこのコマンドを起動するとワンクリックでディスプレイごとにビューポートが分割されるので非常に便利です!

複数オブジェクトの位置合わせ

アプリ名:Arrange

コマンド名:Align Mid X(Y)・Align Min X(Y)・Align Max X(Y)

URL:Arrange | AutoCAD | Autodesk App Store

機能:境界ボックスの中心またはエッジが互いに整列しているオブジェクトを整列させることができます。また、境界ボックスの中心またはエッジに基づいて等間隔に配置された場所にオブジェクトを分布させることもできます。

Arrange | AutoCAD | Autodesk App Storeより引用

トシザキ
トシザキ

基準線等を引かなくても、X軸・Y軸共に中心や左右寄せに複数オブジェクトを合わせる事ができます。

ブロック基点位置変更

アプリ名:Change Block Base Point

コマンド名:Retain Insertion Point Position(基点の位置を保持)

Retain Reference Position(オブジェクトの位置を保持)

URL:Change Block Base Point | AutoCAD | Autodesk App Store

機能:このプログラムを使用すると、図面内のブロック定義のすべての参照に対してブロック  
   基点の位置を変更できます。

トシザキ
トシザキ

普通に文字の基点を変更しようとすると、文字の位置がずれてしまいますがこのコマンドを使用すれば文字の位置を保持したまま文字の基点を変更することができます。

まとめ

1つのコマンドの効果は少しかもしれませんが、その少しの積み重ねがスピードアップにつながります。

少しでもレベルアップしたい気持ちがあれば、これらのコマンドを取り入れてみては?

  1. 寸法分割
  2. 画面最大化
  3. 画面分割
  4. 複数オブジェクトの位置合わせ
  5. ブロックの基点位置変更

コメント

タイトルとURLをコピーしました