コレで時短に!AutoCADで画層などの数が多すぎる時の探すコツ

ストレスを減らす事に特化した設定

この記事では、探したい画層やフォントを簡単に見つけるコツをご紹介します。

使いたい画層などを探す時、画層の数多すぎてイライラした事はありませんか?

イライラするだけならまだ許せるかもしれませんが、画層を探すのにスクロールしていると、フェータルエラーでAutoCAD自体が落ちる(強制終了する)時もあります。

そうなったらイライラどころではないですよね。そういう時にオススメの探すコツをご紹介します。

画層以外にも、フォントや線種など何にでも使えます。

ちなみに今回はAutoCADが落ちた時に何ができるかや、落ちないように何をするかという事ではありません。

目当ての画層やフォントをいかに簡単に早く見つけるかという事にフォーカスしています。

探す方法

難易度でいうと、非常に簡単です。

覚えておいて損はないと思います。

具体的な方法ですが、

  1. 探そうとしているもののウィンドウの右側の▼をクリック
  2. 頭文字のアルファベットキーを押す

以上で探したい、画層やフォントがみつかります。

簡単と言っておきながら、少しだけ注意が必要です。スミマセン。。。

それは使おうとしている画層やフォントの名前、少なくとも頭文字を覚えておかないといけないという事です。

そこそこAutoCADの経験がある場合は大丈夫だと思いますが、初めて使うという場合はまず名前をある程度覚えてからの方がいいかもしれません。

それと、頭文字がひらがなや漢字だったりするとかな入力に変える必要があるため、少し手間が増えます。

画層名のほとんどがひらがなや漢字の場合は頭文字をアルファベットにして追記するといいでしょう。

例)寸法 → S-寸法 etc.

まとめ

  • 探したいものの頭文字のアルファベットを入力
  • 探したいものの頭文字を覚えておく
  • 探したいものの頭文字が日本語の場合はアルファベットを追加する

これだけで作図スピードもあがりますし、フェータルエラーでAutoCADが落ちるリスクも減らせます。

また、これといった難しい設定も必要ないので覚えておいてみてはいかがでしょうか?


パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)

コメント

タイトルとURLをコピーしました